若年層にも多い尿漏れの悩み【漏れを感じたらもれなく病院へ】

シニア

深刻な悩み

案内

女性の悩みでもある尿漏れを解決して暮らしに元気をもたらしたいです。早めの治療が必要ですので、クリニックでの受診やアドバイスを受けましょう。女性は、誰にでも尿漏れは起こってもおかしくはない症状です。悩んでいないで相談する事が良いです。

詳細を確認する...

女性に多い尿失禁について

悩むより前向きに捉える

医師と看護師

くしゃみやせきをして尿が漏れる、走るなどの運動で尿が漏れてしまうといった現象を一般に尿漏れと呼んでいます。尿漏れというと高齢者に多いイメージですが、実は20代から40代といった比較的若い世代の女性によくみられ、ある調査では経産婦の4割以上が尿漏れの経験を持つという報告があるほどです。自分の意図しないうちに尿が漏れてしまうことに、多くの女性が恥ずかしさで誰にも相談できずに悩み、内に閉じこもりがちになると言われていますが、実は決して珍しいものではなく誰にでも起こりうる症状なのです。症状の軽いものでは自己ケアで多くが改善でき、またやや程度が重いものでも病院での薬物療法等の積極的な治療で改善が可能とされます。女性の社会進出が進むことにより、今後尿漏れを前向きに捉え、悩むより治すことに目を向ける人が増えていくと考えられています。

骨盤底筋を鍛える

女性の尿漏れで最も多いとされるのが腹圧性尿失禁です。女性の膀胱や尿道、子宮、膣といった下腹部の内蔵は骨盤の中に収められています。これらの内蔵を支えているのが、骨盤底筋という筋肉なのです。腹圧性尿失禁は、この骨盤底筋がゆるむことで起こるとされています。骨盤底筋がゆるむ原因で最も多いものが出産です。また、肥満によって膀胱等が圧迫を受け骨盤底筋をゆるめるケースもよくみられます。そこで尿漏れを治すには、この骨盤底筋のゆるみを改善することが肝心なのです。ゆるみの改善には骨盤底筋トレーニングが効果的です。これは決して難しいものではなく、誰もが自宅で簡単に行える運動です。方法は、病院の相談窓口にあるパンフレットを参照にするか、もしくはネットでも公開されているのでそれを参考にすると良いでしょう。この他、太り過ぎや便秘に気をつける、適度な水分補給といった自己ケアを工夫することが、改善への大きなメリットとなるとされています。

違和感があったら病院へ

病院

池袋を訪れる機会の多い人は、その周辺で定期的に通える病院を探すと便利です。特に、泌尿器科は誰もが受診しにくいイメージがあります。膀胱炎などの症状で悩まされている場合には、早急に受診することが大事です。

詳細を確認する...

かかりつけ医を見つけよう

シニア

埼玉在住で泌尿器科を受診したいという人は、インターネットや口コミ情報でかかりつけ医を探すことをおすすめします。女性の場合、恥ずかしいという気持ちから女医を選択したいという人が増えています。今後はそのような行きやすい環境となることが期待できます。

詳細を確認する...